安心して廻れる観光地とは?

安心して巡れる観光地づくり考える 右京でバリアフリー講座
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007031400140&genre=O1&area=K1H

京都新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、全国手話研修センターでバリアフリー講座が開催されたそうです。
今回のテーマは高齢者や身体障害者が楽しく、安心して廻れる観光地についてだったようです。

聴覚障害者の観点で言えば、やはり音声だけの情報提供は止めて欲しいです。
各種案内は音声のみではなく、電光掲示板などでもしっかり提供していただきたいと思います。
案内を文字情報でも得られるようになれば、聴覚障害者だけではなく高齢者にも役立つのです。

全国のどこの観光地に行っても楽しく、安心して廻れるような環境整備が早く整って欲しいです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-14 23:38 | 聴覚障害


<< 手話の練習付の入社式 声を失った議員の発言の権利 >>