AEDの講習会

聴覚障害者らAED実習 手話通訳介し指導受ける
http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20070318/lcl_____ach_____004.shtml

中日新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、市聴覚障害者協会の企画でAED講習会が開催されたそうです。
AEDは街中でよくみかけるようになりましたが、音声ガイドのため聴覚障害者には
指示がわからなく、いざというときに知識がないと使うのが難しそうです。
そのため、事前に講習会を受けておこう、ということで設けられた企画ということです。

命に関わる緊急時はやはり音声によるガイドが一番迅速に行えるのだと思いますが
聴覚障害者にもわかるような、映像によるガイドも大きな施設には常備できないでしょうか。

書いていて、映像を見ながらAEDで救命活動は難しいなと自分で思いました。
やはり、事前訓練あるのみですね。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-16 19:57 | 聴覚障害


<< 手話詐欺から身を守るには 手話の練習付の入社式 >>