手話詐欺から身を守るには

手話詐欺対策で障害者守ろう
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200703170263.html

中国新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、最近急増している手話による詐欺問題で広島市ろうあ協会や
広島県社会福祉協議会がセミナーを開いて啓蒙活動を行うそうです。

聴覚障害者は仲間意識が強いため、手話で勧誘されるとすぐに信用してしまいがちです。
それを防ぐにはやはり、啓蒙活動を実施して詐欺にひっかからないよう注意を呼びかけるより他に
道はないのが現状です。

美味しい話には裏がある、とは昔からよく言われますが…詐欺対応はなかなか難しいなと改めて実感します。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-17 20:04 | 聴覚障害


<< 手話マルチに対する弁護団結成 AEDの講習会 >>