テレビ電話による仲介サービス

聴覚障害者の商品購入 TV電話と手話で仲介 仙台の企業
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000004-khk-l04

Yahoo!ニュース(河北新報)に上記記事が掲載されていました。

それによると、仙台にある企業がテレビ電話を用いて聴覚障害者が商品購入する際の
支援を行うサービスを行っておりますが、それが東京にある独立行政法人「情報通信研究機構」の
助成事業に選ばれた、ということです。

テレビ電話を介して一般企業と聴覚障害者を結ぶ、というサービスそのものは悪くないのですが、
一点だけ気になる点があります。

それは、手話による仲介サービスを行う企業の、実際に仲介を行う人が手話通訳レベルの技術を
持っているのか、ということです。
商品購入、というのは結構大きなイベントなので、手話をはじめたばかりのボランティアが軽い気分で
仲介すると、逆に聴覚障害者に提供される情報に誤り、あるいは情報の精度が低くなってしまうのでは?
という不安がちょっとだけ残ります。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-04-10 21:38 | 聴覚障害


<< 能登半島地震後の生活 仏教歌を手話で歌おう >>