「びわこみみの里」完成

聴覚障害者に働きがいを 守山の「びわこみみの里」が完成
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20070415/CK2007041502008774.html

県内初の聴覚障害者授産施設 守山市、開所を祝う
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007041600042&genre=O1&area=S10

中日新聞社、京都新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、滋賀県守山市に聴覚障害者が働く施設「びわこみみの里」が開所したそうです。
聴覚障害者は周りとのコミュニケーションを取るのが難しいため、社会に馴染めずに
働く意欲を失ってしまう人も少なからずいるのが現状です。

そこで滋賀県ではお金を貯めて聴覚障害者を中心とした障害者が働く施設、また技術を身に着ける
ことが出来る施設を設立したという経緯があります。

障害者の就労環境は以前よりは向上していますが、まだまだ壁があるのが実情です。
働く場が少しでも広がることで働く楽しみを多くの人が実感できるようになって欲しいと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-04-16 21:56 | 聴覚障害


<< 聴覚障害者雇用のアドバイス冊子 マルチ商法に対する取り組み >>