手話通訳派遣事業の状況

11町村で手話通訳の派遣なし
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20070422164605.asp

東奥日報社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、青森県ではまだ手話通訳派遣制度が十分確立されていないようです。
派遣事業をまだ始めていない行政の言い分としては財政難、そして需要が無いというのが
派遣事業を行わない理由ということです。

しかし、需要がないというのはあり得ないことです。
恐らく、行政に手話通訳派遣事業が無いため、最初から諦めて県の派遣制度を使っているか
我慢しているかのどちらかでしょう。

行政は聴覚障害者が本当に望むことはなになのか、を十分に調査して欲しいと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-04-22 22:06 | 聴覚障害


<< 手話講習会、開講 DVD再生時に字幕を付与できる... >>