人工内耳についての講座開催

人工内耳の講演や体験発表 来月、東北労災病院で市民講座
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps70502a.htm

読売新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、東北労災病院で人工内耳についての講座が6月に開催されるそうです。

人工内耳は現在、じわじわと流行りつつある、補聴器でも音が聞こえない難聴者が
音を取り戻すための最後の手段として用いられている道具です。
ただ、一回体内に入れると取り外せないとも聞いたことがありますので、導入するには
思い切った決断が必要になるのではないでしょうか。

技術の発展は素晴らしいものですが、一回体内に入れたら取り外せないというのは
やはりまだ少々怖いものがあります。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-05-07 21:36 | 聴覚障害


<< 詩を詠む 要約筆記サークル結成へ >>