道都大学にノートテイクのボランティアサークルが誕生

講義を要約筆記 障害の学生支援、道都大に同好会誕生
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sapporo/26978.html

北海道新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、道都大学にノートテイクボランティア同好会が誕生したそうです。
この大学には現在、ボランティアを受けている学生が3名いるそうで、講義の理解度が
全然違うと喜んでいるとのことです。

ノートテイクのボランティアサークルがある大学、手話通訳のボランティアがいる大学、
情報保障が今のところない大学とまちまちなのが現状です。
聴覚障害を持つ高校生が進路を決めるとき、情報保障が受けられるかどうかも選択肢の
ひとつに入れることが今では増えているのではないか、と思われますが、大学案内に
そういう情報を載せているところはどのくらいあるものなんでしょうか?


Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-05-19 19:43 | 聴覚障害


<< 映画「バベル」に関する新聞社のコラム 緊急メールサービス >>