結婚式に要約筆記通訳者が派遣される

要約筆記者が結婚披露宴で活躍
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20070528123753.asp

東奥日報社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、聴覚障害を持つ新郎新婦の結婚式にパソコン要約筆記がついたそうです。
詳細については上記記事を読んでいただければわかるのですが、聴覚障害を持つ新郎新婦や
出席者のために情報保障としてパソコン要約筆記通訳者が派遣され、それが非常に好評だったと
いうことのようです。

結婚式などのめでたい場にパソコンの要約筆記通訳者が派遣される、ということは初耳で
大変びっくりしましたが、記事を読んでいくと共に要約筆記通訳者の大切さを改めて実感しました。

聴覚障害者に対する情報保障は日常生活のみだけではなく、結婚式やお葬式などの場でも必要です。
そのためにも、派遣出来る技術を持つ方々をもっともっと増やしていかなければなりません。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-05-28 22:48 | 聴覚障害


<< 全国ろうあ者大会、開幕 聴覚障害者が「精神対話士」の資... >>