新しい手話表現を公募中

新しい手話を考案して 右京・日本手話研究所が公募
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007060500044&genre=K1&area=K1H

京都新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、日本手話研究所が新しい手話を公募しているそうです。
現在、外来語やカタカナ語が毎日のように増えつつあります。
単語が増えるということは、手話表現も新しい単語にあわせた表現を考え出さないといけません。
ですが、新しい表現を考え出す、というのは非常に困難なことです。

現在は担当となっている委員が頭を振り絞って考えていますが、それとは別に一般からも
新しい手話表現(自分が使う表現)を募集しています。

新しい言葉をよく使う環境にいる人が必要に迫られて自分なりに考案した身ぶり手振りが
手話表現として認められることもあるかもしれません。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-06-06 22:06 | 聴覚障害


<< デフバスケ世界選手権 ネット上で字幕を付与できるサービス >>