裁判員制度の説明会

手話通訳付きで裁判員制度を説明
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps70623b.htm

読売新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

裁判員制度がまもなく始まり、聴覚障害者も裁判員に選ばれる可能性があるということで
各地で手話通訳付きで裁判員制度を説明している、という情報を聞きます。

障害の有無に関係なく裁判員に選ばれる可能性がある、というのは非常にうれしく感じます。
ですが、それと同時に、もし選ばれたときの情報保障は問題なく行われるのか、という不安が
なかなか消えません。

こればかりは実際に制度が始まり、聴覚障害者が実際に選ばれてみないとなんともいえない部分でもあります。
自分たちの手で制度を取り巻く環境を作り上げていく、という心構えでいきたいと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-06-25 20:58 | 聴覚障害


<< 滋賀県ろうあ協会の機関紙が創刊... 市議会での発言の権利 >>