『!』マークについて

仕事をしていると、目にする文章にも色々あります。顔文字を多用する文章、逆に顔文字をあまり使わない文章、『!』『?』『~』などの記号を多用した文章、記号をあまり使わない文章などなど(IMのメッセージも含みます)。
私は聴覚障害があるため、大切な用件は口頭ではなく記録に残りやすいIMを使用して確認したり意見交換したりしています。その分文章が人に与えるイメージも気になります。
例えば、「打ち合わせは午後2時からでいいでしょうか?」と「打ち合わせは午後2時からでいいでしょうか!」はどちらも確認ですが、相手に与えるイメージが全然違うと思います。
「~?」は相手の意思を柔らかく確認し、無理な場合は変更することも可能、というメッセージに受け取れます。
しかし、「~!」は一応確認はするけど時間はもう決定だから断るなよ、というメッセージに受け取れます。
「!」マークには「!」マークなりの良さがあるのもまた事実であり、友達や同僚との日常会話で「へぇ-!」という感嘆の意として使う分には全然問題ないと思います。しかし仕事で使うにはよほど気をつけないと反感を買いやすい記号ではないでしょうか?
私は小さい頃から文章の書き方について厳しく言われて来たため、敏感になりすぎているところもあるかもしれません。
[PR]
by maro1010 | 2005-05-30 20:46 | 聴覚障害


<< Webプロジェクト 今村彩子さん >>