2005年 04月 24日 ( 3 )

古田選手が2000安打を達成!

ヤクルトスワローズの古田選手が今日、松山の対広島戦で2000安打を達成したそうです。
大学→社会人というルートでプロ入りした選手としては初めてのことだそうです。
失礼ながら、古田選手はそんなに安打をいっぱい打っているという印象がなかったのですが、
長い間少しずつヒット数を積み重ねて、ここまで来たのだと思います。

今日はテレビ局をはしごするのでしょうけども、それが終わったあとは祝杯をゆっくりあげて、
また試合で頑張っていただきたいと思います。

それにしても、2000本安打を達成したボールにサインを入れてスタンドのファンに投げ入れるとは・・・さすが、ファンサービスを第一に考える人だと思います。
ただ、個人的には古田選手が自宅に保管するなり、野球博物館に寄贈するなりして頂きたかったなと思います。
というのは、もし、どこかのオークションに出されたらどうするのだろう?という疑問があるからです。
ボールをキャッチした人が良識ある人で、大切にして下さることを願ってやみません。


So-net blog:古田敦也公式ブログ

[PR]
by maro1010 | 2005-04-24 22:40 | 野球

今日の石井投手

試合はまだ終わっていないですが、石井投手は6回と7回の2回を投げて無失点だったようです。
しかも、清原選手と対戦し、ライトフライに抑えたようです。流石!
次は三振目指して頑張って欲しいです。
146キロ快速球「サイレントK」
「不安はまったくありません。巨人の清原選手と対戦したい。自信のあるストレートで三振を取りたい」。

[PR]
by maro1010 | 2005-04-24 22:25 | 石井裕也

トレンドマイクロの障害を見て

トレンドマイクロがウイルスバスターで障害を引き起こしたようですね。

幸い?私の端末はSP1のため、影響がなかったのですが
(SP2を当てようとするとエラーになってしまうので諦めているので)、
システム開発者としては人事ではないです。

とはいうのも、今回の障害を引き起こした原因が「検証不足」らしいので。
確かに、システム検証は大変です。

私も自分で作ったプログラムのテストはついつい手を抜きたくなります。
でも、想定できるあらゆる条件下でテストを行わないといけないですね。

それに、今回の検証不足の内容が「SP2を導入した端末で検証していない」という
初歩的なミスを犯しているのは致命的だと思います。

確かにSP2の端末にパッチを当てると、今まで動いていたソフトが動かなくなるという
現象がたまにあるようなので、普段の開発端末には当てていないかもしれません。
私が会社で使用している開発用端末も、「SP2パッチは当てないで」と言われています。

ですが、今回のようにアップデート設定を自動にしていると、自動的にバッチが当てられる
ソフトの場合は色々なケースに備えた端末を用意すべきではないでしょうか?

この障害で、原因がわからなくてOSを再インストールしたユーザーも多数のはずです。
OSの再インストールとなると、今までのデータが全て消えてしまい、多かれ少なかれ、
損害が発生するはずです。(金銭的な面でも、精神的な面でも)

トレンドマイクロ社は今回の障害に対して、被害を受けたユーザーにどのような対応を
取るのでしょうか。
システム開発者として、今回の障害には注目して行きたいと思います。

参考URL
「ウイルスバスター」のパターン・ファイルに不具合、大規模パソコン障害が発生
【続報】トレンドマイクロ事件、7時間超のロングラン会見も「テスト漏れ原因は不明」
トレンドマイクロが障害の原因を緊急会見,「XP SP2環境ではテストせず」
【会見速報】「トレンドのリソースを100%使い対処」,ネギCFOが大規模障害を陳謝


プログラマのつぶやきにも同じことを書いてます。
[PR]
by maro1010 | 2005-04-24 21:15 | プログラム