2006年 02月 14日 ( 2 )

市議会での発言の権利

小池市議が立ち合い音声変換テスト(中津川市議会)
http://www.chunichi.co.jp/00/gif/20060215/lcl_____gif_____002.shtml

中日新聞によると、発声が困難な市議がいる中津川市議会でパソコンに打ち込んだ文書の内容を音声に変換してくれるソフトを試したそうです。
ただ、市議の要望はあくまでも第三者の手による文書の代読であり、パソコンなどを用いるのは望んでいない状態です。
市議会としては第三者による代読は認められないという立場を崩していないのですが、どうしてそこまで頑固に要求を突っぱねるのか不思議でならないです。

障害があると色々不可能なことは出てきますが、障害を持つからといって発言の権利を認めない、また本人の希望も尊重しないというのは健常者だけの世界と言う感覚であまり居心地がよくない気分がします。

Blogランキングに参加してみました。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-02-14 20:55 | 聴覚障害

文字や手話表示もできる音声ガイド

文字や手話表示もできる音声ガイド、神戸空港に
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20060214p402.htm

ユビキタス空港情報提供サービスでも書いた、神戸空港での実験端末が上記URLに画像付きで紹介されていました。
まだ試作品の段階だと思うのですが、PDAに似た雰囲気の端末で使いやすそうです。
いつか実用化される日が楽しみです。

Blogランキングに参加してみました。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-02-14 20:34 | 聴覚障害