2006年 12月 31日 ( 1 )

聴覚障害者の集いの場

夢膨らむ「こすもすの家」
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200612310006.html

中国新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

山口県周南市にある、聴覚障害者が集まる場「こすもすの家」が紹介されています。
この施設は手話サークルが中心となって開設したようです。
この施設は聴覚障害者が集う場であり、手芸品や木工品を作りながら親睦を深めているようです。

聴覚障害者はどうしてもコミュニケーション面でまわりの健聴者の輪には入りにくい面があります。
これは聴覚障害者が内気的だからというのではなく、地域の集いに参加しようと思っても手話で
コミュニケーションが取れないため、積極的に参加しようという気持ちになれないからです。
そのため、どうしても家にこもりがちになってしまうため、聴覚障害者が集まりやすい場を
自らの手で用意する、というのが多くみられます。

色々な場所にそういう施設が出来ると高齢の聴覚障害者との交流も多く出来て楽しいだろうなと思いました。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2006-12-31 16:51 | 聴覚障害