2007年 05月 08日 ( 1 )

詩を詠む

難聴と向き合い「詩」を詠む 「聞こえないことで心の中を集中させる」
http://www.saitama-np.co.jp/news05/08/09l.html

埼玉新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、埼玉県に住んでいる中途失聴の方が詩を詠み、詩集も出しているそうです。
この方は30歳頃までは聞こえていたものの、だんだんと聴力を失っていったようです。

聴力を失ったことで、心で感じることを詩に表すようになったのでは、とご主人は述べています。

ある日突然聴力を失っても、それに負けずに自分なりの生き方をしている方は非常に強いと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-05-08 21:31 | 聴覚障害