<   2005年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Webプロジェクト

今、私が携わっているプロジェクトがあと一ヶ月程でひと段落しそうです。

2年前の11月頃にスタートし、それからずっと携わってきたので感慨深いものがあります。
プロジェクトのスタート当初はJavaプログラミングについてあまりよく知らなかったので色々コーディング規約にあわないコーディングをしてしまいました。今、昔のコードを読むと色々修正したくてたまりません。
でも、その一方で色々新しい技術や新しい知識も身についたかな、と思います。
Struts、EJB、DAOクラス、ロギング(log4j)、CVS・・・特に私は実際の画面開発というよりはサポートするチームだったので、技術的に可能かどうかという調査がメインでした。
やっぱり実際の画面を作りたかった、という気持ちはありますが(JavaScriptがよくわかりません)、プロジェクト全体で使用する技術構築に少しでも関われたのはいい経験になったと思っています。

このプロジェクトが終わったらしばらく維持として関わることになるでしょうが、次の新しいプロジェクトでは実際の画面も開発してみたい、そしてその時は今のプロジェクトの反省点を十分に生かしたコーディングをしたい、と今つぐつぐ思う毎日です。
[PR]
by maro1010 | 2005-05-31 09:03 | プログラム

『!』マークについて

仕事をしていると、目にする文章にも色々あります。顔文字を多用する文章、逆に顔文字をあまり使わない文章、『!』『?』『~』などの記号を多用した文章、記号をあまり使わない文章などなど(IMのメッセージも含みます)。
私は聴覚障害があるため、大切な用件は口頭ではなく記録に残りやすいIMを使用して確認したり意見交換したりしています。その分文章が人に与えるイメージも気になります。
例えば、「打ち合わせは午後2時からでいいでしょうか?」と「打ち合わせは午後2時からでいいでしょうか!」はどちらも確認ですが、相手に与えるイメージが全然違うと思います。
「~?」は相手の意思を柔らかく確認し、無理な場合は変更することも可能、というメッセージに受け取れます。
しかし、「~!」は一応確認はするけど時間はもう決定だから断るなよ、というメッセージに受け取れます。
「!」マークには「!」マークなりの良さがあるのもまた事実であり、友達や同僚との日常会話で「へぇ-!」という感嘆の意として使う分には全然問題ないと思います。しかし仕事で使うにはよほど気をつけないと反感を買いやすい記号ではないでしょうか?
私は小さい頃から文章の書き方について厳しく言われて来たため、敏感になりすぎているところもあるかもしれません。
[PR]
by maro1010 | 2005-05-30 20:46 | 聴覚障害

今村彩子さん

読売新聞(関西圏?)のサイト、「聞こえなくても」にドキュメンタリービデオ映像作家として
活躍している今村彩子さんのインタビューが載っていました。
また、6/4(土)にNHK教育テレビの「ろうを生きる 難聴を生きる」でも
取り上げられるそうです。
見逃さないようにしたいと思います。

挑戦:聞こえなくても:暮らし 社会 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
人としての魅力を伝えたい

Welcome to Studio AYA
[PR]
by maro1010 | 2005-05-27 00:13 | 聴覚障害

特集番組が続々

石井裕也投手の特集が今までに3局であったようです。

・TBSのバースディ
・NHKのサンデースポーツ
・テレビ朝日の報道ステーション

TBSのバースディしか見られなかったのですが、
肉球を太陽に」のモカさんが報道ステーションでの特集を文字起こしして
下さいました。
肉球を太陽に: 報道ステーション、石井裕也特集の文字起こし

松岡さんが以下のような発言をしていたようです。
松岡「確かに耳が不自由だとか、しっかり聴こえない、または自分の意思をしっかり話す事ができないという不自由さはありますけれども、彼と接してますとね、それは彼にとってはそんなに大きな問題じゃないんじゃないかと思ったんです。その理由としては、彼はね、しっかりと表現できる、アピールできる野球というものがありました。だから補聴器に関しても、より、僕は、プロになっても攻めていくという意味合いもこもってるんじゃないかな、

やっぱり障害を持つ、持たないに関係なく、自分をアピールできる武器があるというのは大変大きいですね。自分はそういう武器を持っている、と胸を張っていえるだろうか・・・とふと思いました。
次はどの局が石井投手の特集を組むのでしょうか?
(この3局で終わりかもしれませんが・・・やるとしたらシーズンオフかな?)
[PR]
by maro1010 | 2005-05-26 06:34 | 石井裕也

初黒星

昨日行われた、中日対楽天で石井裕也投手が初黒星を喫したそうです。

★D6巡目・石井がプロ初黒星

 プロ入り初黒星を喫したのがD6巡目左腕の石井。同点で迎えた六回から登板すると一死一、三塁から楽天・鷹野、斉藤に連続タイムリーを浴びて2失点。悔しいKO降板となってしまった。

 「きょうは腕の振りが悪かった」。この日、一軍昇格し「ボールのキレがよくなった」とリフレッシュを強調したが、難聴左腕に壁が立ちはだかった。



スポーツニュースでもやっていたので見ましたが、確かにちょっと球威がなかったようです。
でも、誰でもプロで黒星がつくことはいくか来るわけなので、石井裕也投手にはこの黒星をバネに今後の活躍を期待したいところです。

中日3連敗でセ3位転落…山本昌がナゾの登板回避
[PR]
by maro1010 | 2005-05-25 06:34 | 石井裕也

現在の成績

yahooに投手成績が載っていたのでメモ。

Yahoo!プロ野球 - 中日 - 石井 裕也 プロフィール・総合成績
http://baseball.yahoo.co.jp/npb/player?t=dp&id=500071
[PR]
by maro1010 | 2005-05-22 00:39 | 石井裕也

教員免許 その2

以前、教員免許について記述しましたが、そのあとちょっと調べてみました。
その結果、わかったことをメモという感じで書き付けておきます。

・現在、聾学校の教員になるための免許を取得できる大学:10大学
東北大学教育学部,宮城教育大学教育学部,筑波大学第二学群,
東京学芸大学教育学部,金沢大学教育学部,愛知教育大学教育学部,
大阪教育大学教育学部,広島大学教育学部,愛媛大学教育学部,
福岡教育大学教育学部

・今、教員免許を取得している方が新たに聾学校の教員になるための
免許を取得する方法

教育委員会が実施する免許法認定講習を受講することによって免許取得が可能。
※文部科学省のWebサイトに実施情報が載っていました。

参考リンク
資格Q&A 養護学校,聾・盲学校の資格について(早稲田大学)
免許法認定講習・公開講座一覧(文部科学省)


教員免許の種類が色々あるのは知っていましたが、なんていうか・・・複雑ですね。
でも、自分が保持している免許以外の免許を新たに取得しようと思った場合は
もう一回大学に入らなくてもいい、というのはちょっと驚きでした。
ちょっと勉強になりました。
[PR]
by maro1010 | 2005-05-21 17:13 | 聴覚障害

教員免許

5/15の朝日新聞の記事によると、重複障害に対応できるよう、文部科学省は、盲・ろう・養護学校の教員免許制度を根本から改める方針を固めたそうです。
それによると、今、盲・ろう・養護学校で教えている教員の約4割が必要な特殊教育免許を保持していなかったとか。私が学生の時に教わった先生も特殊教育免許を持っていないと言っていたような気もしますが、こんなに多いとは思いませんでした。
特殊教育免許を保持している方が教わる方は安心感が少し違うかもしれません。
でも、制度が変わって特殊教育免許が必須になった時、特殊教育免許を持っていない教員はどうなるのでしょう…?不足している単位を取得すれば免許が認められるのでしょうか?
その辺りの知識がないのでよくわかりません。
[PR]
by maro1010 | 2005-05-17 22:52 | 聴覚障害

バース・ディ(文字起こしバージョン)

バース・ディの内容を全て文字にして下さった方がいました。
モカさん、本当にどうもありがとうございます。

肉球を太陽に: サイレントK・特番・文字起こし、その1
肉球を太陽に: サイレントK・特番・文字起こし、その2
肉球を太陽に: サイレントK・特番・文字起こし、その3

早速、上記3ページを読んでみました。
なるほど、バースディとはそういう意味だったのですね。
意味がよくわからないまま石井裕也投手の映像だけを楽しんでいました。

また、どうやら状況に応じて音声を切るということもやっていたようですね。
東山さんのセリフの中に
『…そんな、静寂の中の孤独という、もう一つの敵と向き合いながら戦い続ける一人の男がいます』というのがあったようですが、「へぇ、敵だったのか」という気持ちです。
静寂そのものは孤独ではないです。
僕の場合は、どちらかというと、喧騒の中、一人ぽつんといる方が孤独を感じます。

話がそれました。

映像だけでも十分に石井裕也投手の魅力などは伝わってきましたが、文字におこしていただいた内容を読むと、より深まりますね。
今後も応援していきたい、と思いました。

文字おこし、という作業は非常に大変な作業だと聞いております。
仕事が休みだから、という理由でやってくださったモカさんには本当に頭があがりません。
心より感謝申し上げます。
[PR]
by maro1010 | 2005-05-13 00:52 | 石井裕也

バース・ディを見て

5/10にTBSで放送された「バース・ディ」という番組で中日ドラゴンズの石井裕也投手が取り上げられると聞き、録画しました。
先ほど、録画しておいた内容を見ることが出来たので見た感想など。
内容としては、石井投手のプロ初勝利が冒頭にあり、その後に小さい頃の話、高校時代のピッチング、社会人、そしてプロ入り、キャンプ、最後に清原選手との対戦という流れでした。
そして、その合間合間に関係者・ご両親の話が挟まれる、という構成です。

残念なことに、字幕がほとんどついていなかったので私は映像しか楽しめませんでした・・・・
本来なら全てのテレビ番組に字幕がつくのがいいのですが、せめて聴覚障害者を扱う番組の時は字幕をいつもより多めにつけてくれるとかしてくれるとうれしいなと思います。

仕方がないので映像を見た感想を。
石井投手のピッチングはあまり見たことがないのでこういう投げ方なのか、などと思いながら見ていました。高校時代は凄かったと聞いたことがありますが、やはり凄いですね。
ただ、高校時代はやはり線が細いというイメージがあるため、社会人で体を作れたのはよかったのではないかと思います。

・・・東山さんのナレーションなどが入っていたのですが、どんなことを話していたのかわからないので感想が書きづらいです。
[PR]
by maro1010 | 2005-05-12 07:30 | 石井裕也