<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

IPテレビ電話を活用した聴覚障害者向け緊急災害放送の取り組み

ギンガネット、聴覚障害者向け緊急災害放送でIPテレビ電話を活用
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=117558&lindID=4

英会話教室、NOVAグループの株式会社「ギンガネット」が12/7(水)に行われる、聴覚障害者緊急災害情報保障訓練(主催:NPO法人CS障害者放送統一機構)の時にIPテレビ電話を活用した「聴覚障害者向け緊急災害放送の生中継」実験を行うそうです。
上記記事によると、静岡県を災害発生地と仮定して、静岡県の会場と広島県の字幕入力スタジオをIPテレビ電話でつなぐそうです。そして、静岡県の訓練状況を広島県の字幕入力スタジオで確認しながらリアルタイムで字幕入力を行い、「目で聴くテレビ」で生放送するとのことです。

NOVAの宣伝で、自宅にいながらリアルタイムで英会話が出来る!という触れ込みでIPテレビ電話をPRしていますが、こういう使い方も出来ますね。
テレビ電話という技術の発展により、色々と応用の場が増えてきていることは聴覚障害者にとっても大変助かるなとこの記事を読んで感じました。
[PR]
by maro1010 | 2005-12-06 08:37 | 聴覚障害

自動車免許更新時の講習

県公安委:手話通訳や字幕ビデオ 聴覚障害者向け講習実施--4日から年2回
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/fukui/news/20051201ddlk18040636000c.html

上記記事によると、福井県の越前市で12月から免許更新時に受けなければならない講習に手話通訳がついた「特定任意講習」が始まるそうです。
免許更新に行くと、教官のお話を聞いたり、事故防止ビデオを見ますが聴覚障害者にとっては内容がさっぱりわからず、非常に苦痛な時間です。寝たら怒られますし。
ですが、教官の話に手話通訳者がついたり、ビデオに字幕がつくとなれば、苦痛ではなくなると思います。教官の話が面白いかどうかにもよるかもしれませんが。

現在、こういう情報保障をやってくれているのは他に石川県、富山県、岡山県など5県だそうです。

ちょっと検索してみたら、福井県警察本部のWebサイトに記載がありました。
聴力に障害のある方を対象とした特定任意講習の開催について(福井県警察本部)
http://www.pref.fukui.jp/kenkei/kotubu/menkyo/koushu/tokuteikoshu.htm


いまはまだ限られた県でしかこのような取り組みは行われていないですが、将来的には47都道府県全てで手話通訳つきの講習が受けられればいいなと思います。
[PR]
by maro1010 | 2005-12-01 22:27 | 聴覚障害

北京オリンピックと手話通訳者

2008年に開催される北京オリンピックに備えて、北京が手話通訳者の養成を始めたそうです。
五輪に備え、北京が手話通訳を養成
http://jp.chinabroadcast.cn/81/2005/12/01/1@53202.htm

上記記事によると、オリンピック期間中、900名ほどの手話通訳者を必要としているそうです。
しかし、北京には現在、20~30名ほどしかレベルの高い手話通訳者がいないため、無料で講習会を始めた模様です。

この記事でいう手話通訳者というのは、国際手話を使う手話通訳者なのでしょうか?
それとも、北京の手話なのでしょうか?
その辺りがちょっとよくわからないのですが、聴覚障害者でも気軽に楽しめるオリンピックになればいいなと思います。
[PR]
by maro1010 | 2005-12-01 22:04 | 聴覚障害