<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

聴覚障害者も自動車免許が取れる!

聴覚障害者もワイドミラー活用などで免許取得へ
http://www.sankei.co.jp/news/060413/sha035.htm

運転免許:聴覚障害者もOKに 08年度制限撤廃へ
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20060413k0000e040032000c.html

4月13日の産経新聞社や毎日新聞社などに上記記事が掲載されました。
警察庁は今までは一定の聴力がないと自動車免許の取得を認めていませんでした。
しかし、平成18年度を目処にこの条項を撤廃する方針を固めたそうです。

安全面を考慮して、ワイドミラーやステッカーの装着を条件とするようですが、これは非常に大きな第一歩です。
私自身は自動車免許を持っていますが、聴覚障害者である上で危ない、と思ったことはありません。危ない!と思ったのはスピードの出しすぎ、または自分自身の視認不足など、聴力とは全然関係ない部分です。
パトカーや救急車、消防車のサイレンは確かに健聴者と比べると気づくのが多少遅れますが、
ギリギリまで接近されても気づかないということはまずありえないので問題ないはずです。

また、聴力があるときに免許を取得したものの、その後に病気などで聴力を失ってしまった人にとっても大変大きな意味を持ちます。
聴力を失っただけで運転技術には全然問題が無いのにも関わらず、聴力が無いからダメ、という理由で免許を取り上げられた人もいると聞きます。
今後はそういった出来事は起きなくなるでしょう。

現在、自動車免許を持っていて自家用車も持っている人はステッカーやワイドミラーをどこで購入するのか、道路交通法が改正されたらすぐに装着しないと即罰せられるのか、などという疑問は多少残りますが。

これでまた一歩、聴覚障害者がより社会に出やすくなる環境が整うことになります。
交通の面では少しずつ前進していますが、福祉面ではどうなのでしょうか。
今の状況を見ていると、後退していくように見えて心配です。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-14 20:16 | 聴覚障害

石井裕也、今季初勝利

ドラ・石井、“虎”黙らせた!先発マサ5失点KO…若手が奮起
http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/baseball/20060413/spon____baseball001.shtml

勝因は逆転信じる気持ち 息吹き返した中日打線
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20060412-00000078-kyodo_sp-spo.html

4/12に行われた、中日対阪神の試合で石井裕也投手が今季初勝利を挙げたそうです。
6回から登板し、8回まで3回を9人とパーフェクトに抑えました。
開幕の先発ローテは無理でしたが、中継ぎとして今年も活躍してくれそうです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-13 08:40 | 石井裕也

邦画に字幕が付くことが増えたようです

邦画だけど字幕つき ただいま急増中
http://www.sankei.co.jp/news/060412/bun036.htm

産経新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
それによると、邦画でも字幕付の映画が最近増えているようです。
特に東宝は平成9年に「もののけ姫」で初めて字幕をつけてから少しずつ数を増やし、今ではほとんどの邦画に字幕をつけている、という記述もありました。
でも、字幕がついているといってもいつでも見られるわけではありません。
映画館ごとに日程が決まっていて、その間だけ字幕付の邦画が見られるというやり方です。
これではスケジュールが合わないとなかなか映画館に足を運ぶのが難しい状況です。

映画そのものを上映している期間中、いつでも望めば字幕付のを見られるようになって欲しいと思います。DVDが発売/レンタルされるのを待てばいいのかもしれませんが、やはりスクリーンで見た方が感動するはずです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-12 23:59 | 聴覚障害

手話でJ1大宮を応援

手話でJ1大宮を応援 ろう学校生徒ら「愛が伝わった」
http://www.asahi.com/life/update/0409/002.html

朝日新聞社のWebサイトに上記記事が掲載されていました。
J1大宮の試合でろう学校の生徒が手話を使った応援をやったそうです。
親指と人差し指と小指を突き上げ、とあったので最初どういうものか
ちょっと戸惑いましたが、アイラブユーのサインですね。

サッカーの試合だけではなく、色々な試合で手話も普通に応援の一部として
使われるようになったら面白いだろうなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-10 23:50 | 聴覚障害

医療現場で使われる手話表現

病院で役立つ手話解説 広島のNPO、辞典初改訂 新たに250語追加
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps60402b.htm

読売新聞社のWebサイトに上記記事が載っていました。
「病院ですぐに役立つ手話2」という医療現場で使われる手話表現をまとめた辞書の改訂版が発売されたそうです。
医療に関わる手話表現で私が知っているのは風邪とか花粉症くらいしかありませんが、医療現場ではもっとたくさんの医療専門用語が飛び交っているわけです。
その専門用語が少しずつでも手話で表現できるようになると、聴覚障害者でも意味がわかりやすくなり、自分の体についてもっと関心を持つようになるのではないかと思います。

私はプログラマなので、情報処理に関する用語が手話で表現出来れば嬉しいのですが、今はどのくらい手話で表現出来るものなんでしょうか。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-05 23:57 | 聴覚障害

ロナウジーニョ、手話で喜びを表す

ロナウジーニョ、手話で喜び 耳不自由な少女と約束
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports/sports/20060404/20060404_006.shtml


西日本スポーツ新聞社のWebサイトに上記記事が載っていました。
スペインのサッカーチーム、バルセロナに所属するロナウジーニョ選手がゴールを決めた後、手話で拍手を表す動作をして喜びを表したそうです。
この約束は現地の小学生の少女としたそうで、こういう心温まるエピソードはいいなと思います。
日本でも巨人の高橋由選手や小久保選手がホームランを打った後、TVカメラに向かって手話でメッセージを伝えた、という話を以前テレビで見ました。こちらはろう学校の生徒と約束していたと紹介されていました。
有名人が色々なところで簡単な手話でいいのでメッセージを送ってくれれば、手話に興味を持って覚えようとする人がますます増えるのではないか、と期待しています。
全員が手話を覚えるとは思っていませんが、その中から一人でも二人でも手話に深く関わる人が出てくればいいなぁと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-04 23:52 | 聴覚障害

手話が出来る指導員がいる教習所

自動車教習所 少子化で生徒減、サービス合戦…手話のできる教官も
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps60330a.htm

読売新聞社のWebサイトに上記記事が載っていました。
小子化が進んでいるため、自動車学校が生き残るために色々サービス合戦を繰り広げているようです。
その中で手話が出来る指導員を増やしているところもある、という紹介がされていました。
私は自動車免許を持っていますが、自動車学校を選ぶときは手話が出来る指導員がいるところを教えてもらってそこに通いました。
やっぱり教えてもらうなら手話が出来る指導員に教えてもらった方が内容を理解しやすいだろう、と判断したからです。そして、その選択は正しかったと今でも思っています。
私は実技のみ手話が出来る指導員で、講義の時は手話はついていませんでした。今思えば講義の時も手話で説明してもらいたかったなというのがあります。

手話以外ではおしゃれな合宿所や健康にいい食事などを用意した教習所もあるとのこと。
自動車免許を取るのが楽しそうで羨ましいです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-03 23:36 | 聴覚障害

手話でサッカーを応援

8日の横浜M戦、手話で“声援” J1大宮私設応援団「イーリス応援隊」
http://www.saitama-np.co.jp/news04/02/14l.html

埼玉新聞のWebサイトに上記記事が載っていました。
大宮アルディージャの私設応援団が応援歌の振り付けを考えたそうです。
その振り付けに手話が使われていると言うことです。
サッカーなどスポーツの応援歌に手話、というとあまりぴんと来ませんが、手話を交えて踊りのようにしているということでしょうか。
手話は体全体を使って表す言語なのでうまく歌とあう振り付けになっていれば綺麗に見えることでしょう。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by maro1010 | 2006-04-02 23:28 | 聴覚障害