<   2007年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

携帯ネットから119番

携帯のネットで119番通報 乙訓消防 言語・聴覚障害者向け導入
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007010300013&genre=A2&area=K30

京都新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、京都府にある乙訓消防組合が携帯のネットを経由した119番システムを開発し、
運用を開始したそうです。
具体的な仕組みについては上記URLを読んでいただければ分かるかと思いますが、指定された
メールアドレスにメールを送るのではなく、携帯でネットを開き、表示された画面に情報を
入力していくというタイプのようです。

メールによる通報システムの方がお手軽な気もしますが、迷惑メールが存在する今は
携帯で指定したURLを開いてもらい、そこから情報を入力してもらうと言うやり方の方が
確実性が高いのかもしれません。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-01-03 23:58 | 聴覚障害

年末年始のテレビ番組について

「難聴者の生活」さんのところにアップされている記事、
【「元旦の日本テレビの笑点」の字幕放送?!】を読んでふと思うところを書いて見ました。
http://blogs.dion.ne.jp/rabit/tb.cgi/4803286


年末年始はどのチャンネルも特別番組だらけです。
当然、中には興味がある特別番組があるので見たくなります。

ですが、番組欄を見ると「字」マークがついていない番組が平常時より多いのはどうしてでしょうか。
2週間ほど前に新聞に挟まれていた、年末年始の番組欄を見ると「字」マークがついていた番組も
放送日の新聞の番組欄を見ると「字」がついていないことがありました。
または、平常時は字幕がちゃんとついている番組でもスペシャル番組になると字幕が付かなくなる、という
視聴者から見れば不思議な番組もあります。

1番組だけ、放送局に字幕がつかないのか問い合わせをしてみたところ、放送直前まで
番組が完成しないため、字幕をつけることが出来ませんという返事がありました。
作成側としては年末年始という忙しい時期にギリギリまで番組作成を行うため、字幕まで余裕が
ないということなのでしょうが、視聴者側としてはそう簡単には納得がいかない部分もあります。

実際に見てみるとトーク部分にテロップがいっぱい出ていて、字幕がなくてもある程度内容を
理解できた番組もあるにはあるのですが…。

やはり放送局にはテロップで逃げるのではなく、字幕を別にキチンとつけることで番組全体の
内容を聴覚障害者も理解できるようにして頂きたいと思っています。
テロップはテロップで文字色や震え、脇からの声など視覚的に分かりやすい部分があるので
その意味では単にテレビの下に淡々とトーク内容が表示されるだけ、という字幕よりは
わかりやすく、そして見ていて面白い面もあるのは事実ではあります。

ただ、テロップがどのくらいついているのか、については実際に見てみないと判断が出来ません。
そして、聴覚障害者は「字」マークがあるかどうかで見たい番組の取捨判断をしています。
特にデジタル放送も増えた今、純粋な(?)聴覚障害者だけではなく、高齢者も字幕機能を使って
テレビ番組を楽しむことが増えてきているのではないでしょうか?

特別番組が増えることによる放送局の大変さも想像出来ますが、だからといって情報保障面を
少々削ってもいい、ということにはならないと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-01-02 22:35 | 聴覚障害

盲ろうという重複障害を持つ少女

重複障害超え、指サインで「ママ」
http://www.chunichi.co.jp/00/sga/20070101/lcl_____sga_____000.shtml

中日新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

滋賀県に住む、視覚障害と聴覚障害を生まれながらにして背負う少女とその母親の記事です。
この記事を読むまでは、生まれながらにして視覚障害と聴覚障害を同時に持っていた場合の
言語の覚え方について恥ずかしながら考えたことがありませんでした。

今まで聞いたことがあった視覚障害と聴覚障害を同時に持っている人は、どちらかの障害を
持って生まれ、そのあと時間がある程度経った後にもう一つの障害を持つ、という視力と聴力の
どちらか一方は当初はある程度残っている、という例のみでした。
そういう人なら、最初は視覚が残っているので手話を覚えることが出来る、あるいは聴覚が残って
いるので耳で何を言っているのかはわかり、点字も覚えることが出来るので最終的に両方失っても
言葉はある程度理解出来ています。
コミュニケーション手段も触手話や指点字など、実績がある方法が既に存在します。

では、生まれつき視覚も失われ、聴覚も失われていた場合はどうやって言葉を覚えればいいのでしょうか?
記事に取り上げられている少女は幸いと言っては失礼に当たるかもしれませんが、少しだけ視力が
残っていたため、その視力を使って言葉を少しずつ覚えていくことが可能という状況です。
では、完全に失われていた場合は・・・どうすればいいのでしょうか?

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-01-01 22:00 | 聴覚障害