<   2007年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

手話ガイド

後楽園の魅力 手話で 奉仕ガイド養成講座 受講生が現地研修
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/02/15/2007021510233477016.html

山陽新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、岡山県にある後楽園で手話ガイドを現在育成中だそうです。
今は現地で最終的な実習を行っている段階のようです。

以前、石川県金沢にある兼六園に行ったのですが、その時に看板に書いてある内容が
いまいちピンと来なくてガイドさんに聞いてみたい!と思ったことがあります。
もし、手話が出来るガイドさんがいればそういうときに気軽に質問出来るのではないかと
この記事を読んでよりいっそう感じました。

また、博物館などでも手話で説明を受けることが出来ればただ展示物を眺めて歩くだけより
はるかに面白そうです。
英語のガイドなどはよく見かけますが、今度は手話によるガイドも各地で生まれて欲しいなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-15 20:50 | 聴覚障害

聴覚障害者から手話でお金を集めた社長、逮捕される

手話詐欺の社長ら逮捕 聴覚障害者から27億円
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20070214/eve_____sya_____008.shtml

手話で「高利息」、聴覚障害者らから22億円詐取
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070214i201.htm

手話使い聴覚障害者から出資金詐欺の疑い 社長ら逮捕へ
http://www.asahi.com/national/update/0214/TKY200702140099.html

手話で聴覚障害者詐欺、容疑の女社長ら3人を逮捕
http://www.asahi.com/national/update/0214/TKY200702140161.html

聴覚障害者詐欺 容疑の女社長の一問一答
http://www.asahi.com/national/update/0214/TKY200702140176.html

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 手話勧誘で女社長ら3人逮捕(時事通信社)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070214-05026529-jijp-soci.view-001

<聴覚障害者詐欺>福祉機器販売の女社長ら3人逮捕 警視庁

手話で聴覚障害者から詐欺 女社長ら3人逮捕、被害27億円

刑事責任追及恐れ手紙郵送か 小林容疑者、出資者らに

福祉会社の社長が聴覚障害者からお金を集め、でもお金を返さなかったという事件で
ついに社長とその一味が逮捕されました。
社長は容疑をほぼ認めているようですが、他の二人は否認しているとのことです。

ついに逮捕というところまで話が進み、ほっとしています。
しかし、その反面で聴覚障害者はお金を持っている、と言う風に変な目で
見られる可能性があるのを非常に心配しています。
聴覚障害者がお金を持っていたのはお金持ちだからではなく、障害年金をコツコツと
貯めてきたという人がほとんどです。
何故お金をためてきたかというと、やはり障害を持つために老後の生活が心配というのが
大きな理由となるでしょう。

障害を持つ人はその障害を理解し、その上で優しくしてくれる人が近づいてくると
どうしてもその人はいい人だ、と思いがちです。
実際、ほとんどの人はいい人だと思われますが、その思いを裏切る人が今回出てきたのが
非常に残念でなりません。

これから取り調べ、そして裁判を通して更に詳しく背景が浮かび上がってくると思います。
また、当然週刊誌もこの記事を元にあることないことをでたらめに書くところもあるかもしれません。

これから先、必要なのは溢れる報道の中から真実を見極めるという視点になりそうです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-14 21:34 | 聴覚障害

美容師を対象に手話講習会

髪形、手話で伝えたい 美容師に初講習会 4月、県組合が開催
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps70210b.htm


読売新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、石川県で石川県美容業生活衛生同業組合が4月に美容師を対象に
手話講習会を開くことを決定したそうです。

聴覚障害者も当然髪型にはこだわりがあり、このように切って欲しいというリクエストは
持っています。
しかし、現状では美容院に行っても手話が通じないところが多く、筆談や身ぶりなどでは
うまく要望を伝えられないことが多いのも事実です。
私は美容院には行ったことはありませんが、床屋で何回かうまく要望が伝わらなくて髪を
切られすぎた経験があります。

髪型の要望を伝えるにはそんなに難しい手話表現は必要ないと思うので、簡単な手話でいいので
美容師の方も覚えてもらえるとうれしいな、という気持ちがあります。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-13 22:01 | 聴覚障害

災害発生に備えて要約筆記研修

災害時対応の要約筆記研修 17、18日岡山 - 山陽新聞ニュース
http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/02/12/2007021210391087008.html

山陽新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、災害時の要約筆記についての研修会が岡山県で開催されるそうです。
災害が発生したとき、避難所などで聴覚障害者が一番困るのは情報保障の面だと思います。
配給や諸手続きなどのアナウンスは基本的に音声のみのためです。

手話通訳者については各地でそれなりに対策が取られていますが、手話がわからない
聴覚障害者や中途失聴者のためにもやはり要約筆記は必要です。

備えあれば憂い無し、ということで各地でこのような研修が広まるといいなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-12 21:54 | 聴覚障害

旭川の雪まつりで雪像を作成

北海道・旭川のまつりで雪の剣 栗東の聾話学校生ら制作
http://www.chunichi.co.jp/00/sga/20070210/lcl_____sga_____006.shtml

中日新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、滋賀県立聾話学校の高等部の学生が旭川で開催されている
旭川冬まつりで雪の剣を模った雪像を作成したそうです。

雪まつりと言えば札幌ですが、旭川にも同じようなお祭りがあったのですね。
私も機会があれば雪まつりを実際に見に行って見たいものです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-10 21:49 | 聴覚障害

デフリンピックで金メダリスト誕生

2007 Winter Deaflympics - Official Website
http://www.2007deaflympics.com/

原田、2個目の金メダル 笠井もV
http://www.asahi.com/sports/spo/TKY200702090245.html

冬季デフリンピック スノボ回転で新得の笠井選手が金
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070209&j=0037&k=200702094659

笠井さん(新得)が金
http://www.tokachi.co.jp/kachi/0702/02_09.htm

現在、アメリカのソルトレークシティーで開催されているデフリンピックで日本選手が金メダルを
獲得したと言う記事が掲載されていました。
しかし、メディアの扱いはやはりパラリンピックと比べるとかなり小さいものがあります。
やはり聴覚障害者は目に見える特徴があまりない分、デフリンピックで頑張ってもあまり凄いという
印象が得られないんでしょうか?

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-09 22:07 | 聴覚障害

手話を覚えたことで福祉の道へ

「不良少年」が手話覚え福祉の道へ 愛知・半田の男性が体験記
http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20070208/eve_____sya_____018.shtml

中日新聞社のWEBサイトに上記記事が紹介されていました。

それによると、不良少年だった方が手話サークルに入ったことがきっかけで福祉の道に
進んだ、という体験記を刊行したそうです。
手話サークルは手話を覚え、聴覚障害者に対する理解を深める以外にも色々な影響を
人々に及ぼす非常に面白い場のようです。
私自身も手話サークルに入ったのをきっかけにろう活動の面白さに芽生えました。

日頃の生活に倦怠感を感じており、手話にも興味がある方は手話サークルの門を叩いてみるのも
いいきっかけになるかもしれません。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-08 19:44 | 聴覚障害

リオン、新型補聴器を発表

リオン、小さくカラフルな耳かけ型補聴器
http://www.nikkei.co.jp/newpro/news/20070206e001y47306.html

日経経済新聞社のWEBサイトに上記記事が紹介されていました。

それによると、補聴器メーカーのリオンが新しい形状・色の補聴器を新作として売り出すようです。
以前は肌色の補聴器でしたが、今はユーザーの好みに合わせて色々な色が選べるようになっています。
私自身は肌色の補聴器で十分満足しているので、黒や青などの補聴器は別段欲しいとは思いませんが…。

最近はテレビでもリオンのコマーシャルを見る機会が増えました。
高齢化社会に伴い、耳の聞こえが年をとるに伴って段々減少してくる方も多いかと思います。
私から見れば、補聴器は眼鏡と同じように、耳の機能を補うための必要なツールだと考えています。
少々値段が高いのがネックなのですが、耳の衰えを隠して逆に周りとのコミュニケーションがうまく
いかなくなるよりは補聴器を積極的に活用してもらえればと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-07 22:28 | 聴覚障害

自動車免許取得に役立つソフト

運転免許取得に役立てて
http://www.qab.co.jp/01nw/07-02-06/index5.html

QAB琉球朝日放送のWebサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、浦添工業高校の生徒が聴覚障害者が自動車免許を取得する際に
役立つように開発したソフトが沖縄ろう学校で披露されたそうです。

普段の日常会話では滅多に用いないが、自動車免許の取得には必要な言葉を
動画などで紹介して理解を深めるというのが主な使い方となるようです。

こういうソフトがあれば、視覚的に言葉の意味を理解することが出来るので
聴覚障害者に限らず、誰でも役立つのではないでしょうか。
自動車学校にこういうのがあるといいなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-06 21:27 | 聴覚障害

歌舞伎を楽しむ

難聴者に歌舞伎を 字幕や手話付きで披露
http://osaka.yomiuri.co.jp/possibility/news/ps70129a.htm

読売新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、東京都で聴覚障害者向けに歌舞伎教室が開催されたそうです。
中途失聴者は聴力を失ったとたん、孤独を感じてしまう人が多いそうで、それらの人々の
仲間作りの一環になれば、ということで企画されたもののようです。

歌舞伎は普通は字幕が出ないため、役者が何を言っているのかわからないのですが
この教室ではスクリーンに台詞を出すことで聴覚障害者でも楽しめるのだ、ということを
PRするという意図もあったようです。

私も歌舞伎は台詞がわからないので見に行ったことがありません。
もし、字幕が情報保障としてつくのなら見に行ってみたい気もします。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-02-05 21:55 | 聴覚障害