<   2007年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

手話と体で伝えるコンサート

手話と体で伝えるコンサート、福岡で初公演…4月8日
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/040/040_070329.htm

読売新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、福岡県で手話と体で歌を歌うコンサートが開かれるそうです。
歌う方は手話は使いませんが、パフォーマンス集団が歌詞やリズムに合わせて手話や
ダンスなどで歌を表現するイベントということです。

手話によって体全体で歌の内容をより具体的に表現出来ると私は思っています。
なので、手話表現の出来が悪いと(歌詞にあった手話表現が出来ていないと)歌の魅力も
台無しにしてしまう危険性は十分に秘めています。

今回はプロフェッショナルの方々が演じるので魅力あるコンサートになると思いますが、
手話サークルなどで手話による合奏を行う際には十分に表現を練ってもらいたいと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-29 22:09 | 聴覚障害

「みんなの手話」4月からの生徒

林家正蔵「みんなの手話」生徒役で出演
http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070326-175477.html

日刊スポーツのWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、林家正蔵さんが4月から「みんなの手話」に生徒役で出るそうです。
この方は手話落語にも挑戦されているとのことで、以前に手話落語をやっているシーンも
テレビで見たことがあります。

落語をテレビで見ていると、そばをすするシーンや何かを書くシーンなどで
扇子や手ぬぐいをうまく使って演じているのを良く見ます。
手話も自分の手や腕、体全体を使って表現しているので、落語と近い部分はありそうです。

4月からの「みんなの手話」で林家正蔵さんがどのくらい手話を覚えていくのか、
今から注目しています。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-26 21:52 | 聴覚障害

ヘレンケラーを知っていますか

小林綾子が手話でメッセージ…初主演映画「ヘレンケラーを-」
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200703/gt2007032505.html

映画「ヘレンケラーを知っていますか」オフィシャルサイト
http://www.helen.jp/

サンケイスポーツのWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、「ヘレンケラーを知っていますか」という映画が上映されます。
この映画に出演した小林綾子さんが初日舞台挨拶で手話を使った挨拶をしたそうです。

この記事を読むまで「ヘレンケラーを知っていますか」という映画があることを知りませんでした。
オフィシャルサイトの紹介を読むと、金子みすゞの詩の「私と小鳥と鈴と」の一節
「みんなちがって、みんないい」をテーマに盲聾の女性とリストカットを繰り返す少年の交流を取り上げた
映画のようです。

盲聾の方がどのようにコミュニケーションを取っているのか、を知るためにはいい映画だと思います。
私も機会があれば見てみたいと思いました。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-25 21:19 | 聴覚障害

聴覚障害者向けのパソコンセミナー

聴覚障害者向け「仕事に役立つ“無料”パソコンセミナー」開催
http://www.yukan-fuji.com/archives/2007/03/post_8820.html

夕刊フジのWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、(財)機械産業記念事業財団が聴覚障害者向けのパソコンセミナーを開催するそうです。
セミナーでは講師が手話で説明をすると記述もあります。
技術をつけて就職活動で役立てたい人のみではなく、ExcelやWordが仕事で必要だが
自宅にパソコンがない、という人も対象ということです。

セミナーの講習料は無料(但し、テキストは実費)ということなので技術を身に着けたい
聴覚に障害を持つ方は申し込んで見るといいんじゃないかなと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-24 23:20 | 聴覚障害

春のセンバツ高校野球に出場する室戸高校の監督

室戸高スタンドで応援へ 横川監督教え子ら11人
http://www.kochinews.co.jp/0703/070323headline09.htm

高知新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、現在甲子園で開催中の春のセンバツ高校野球に出場している、
高知代表の室戸高校の監督が以前にろう学校で教えていたことがあるそうです。

高校野球の監督が以前にろう学校で指導していたことがある、というのは意外でした。
室戸高校、と聞くと漫画ドカベンに出てくる「室戸学習塾」「犬飼知三郎」がつい頭に
思い浮かんでしまいますが、春のセンバツでは室戸高校に注目して見たいと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-23 23:01 | 聴覚障害

映画「バベル」全編に字幕付与

映画「バベル」、全館で日本語字幕付き上映 ろう者に配慮
http://www.sanspo.com/sokuho/0322sokuho054.html

2007.03.22 『バベル』の日本語字幕に関するお知らせ
http://www.gaga.co.jp/news/corporate/2007/03/post_122.html

サンケイスポーツのWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、映画「バベル」全編に日本語字幕が付くそうです。
それも、日本の全映画館で上映されるもの全てにつく、という珍しいケースです。
今までは邦画に字幕がついたとしても、一つの映画館で上映されるのは2、3日だけで
その日を逃すと見られない、ということが多かったのです。

日本のどの映画館に行っても全ての話が字幕で理解できる、というのがこんなに
うれしいとは思いませんでした。
あとはいつ、映画「バベル」を見に行ってみるか、というスケジュールの検討のみです。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-22 22:12 | 聴覚障害

政見放送に手話通訳、あるいは字幕を!

政見放送に手話字幕 県ろうあ協会申し入れ
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20070320_1

岩手日報社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、岩手県では知事選がもうすぐあるため、22日から政見放送が放送されるようです。

しかし、聴覚障害者が政見放送を見ても、立候補者が何を訴えているのかはわかりません。
なぜなら、政見放送には字幕、または手話通訳をつけることが認められていないためです。
これは公選法によって定められています。
※衆議院小選挙区の候補者の政見放送は候補者が自分で作成する「持ち込みビデオ方式」です。
この場合は政党の判断で手話通訳、あるいは字幕をビデオに入れることが可能です。
また、参議院比例区の政党の政見放送にも手話通訳をつけることは認められています。

このように一部例外はありますが、一般的な政見放送には字幕も手話通訳もつけることができません。
そのため、障害者の社会参加に必要な情報保障が選挙に関しては全く得られない状態にあります。

この問題については都道府県選挙管理委員会連合会も認識しており、総務省に要望はしているようです。
しかし、総務省が認めていないために実現出来ないということです。

政見放送は選挙に立候補した人の考え方、公約などを聞き、選挙で誰に入れるかどうかの
判断材料となるとても大切なものです。
聴覚障害がある、ないに関係なく、公平に判断材料が得られることを望みます。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-20 22:13 | 聴覚障害

ニュージーランドで手話が授業のカリキュラム入り

Schools to put sign language on curriculum
http://www.nzherald.co.nz/search/story.cfm?storyid=00027457-D3BB-15F7-893183027AF100A7

上記記事によると、ニュージーランドで授業のカリキュラムに手話が取り入れられたそうです。
ニュージーランドでは2006年4月に手話が公用語として認められています。
英文を読んでみると、10年制のうち、7年生と8年生の時に手話を学ぶ、ということみたいです。

国連でも手話は言語である、と認められています。
しかし、日本ではまだ手話は言語であると認められていません。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-19 21:22 | 聴覚障害

手話マルチに対する弁護団結成

手話でマルチに勧誘 聴覚障害者の相談急増、弁護団結成
http://www.asahi.com/national/update/0317/OSK200703170097.html

朝日新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、最近急増している手話によるマルチ商法問題でついに弁護団が結成されたそうです。
上記記事によると、会員を紹介すれば現金を払うよ、という誘い文句で高額なパソコンの関連商品を
買わせるという商法で被害者が広がりつつあるようです。
また、被害者の多くはパソコンを持っていない高齢者だそうです。
パソコンを持っていないのにパソコン関連商品(CD-ROM)を買わされてしまうのです。

対策としては、
①CD-ROMやDVDなどは実際にパソコンを持っていないとただのキラキラ光る円盤であることを理解してもらう。
②マルチ商法は実際には何も生み出さない、ということを理解してもらう。
ということしかなさそうです。

人間関係にヒビが入りそうで第三者が指摘するのは非常に難しい状況になっているケースもありそうです。
ですが、金銭を巻き上げられて生活苦になるのを見るよりは人間関係に一時的にヒビが入る方がいくらかマシです。
まずはまわりの人が指摘する勇気、または自分の口からは指摘できなくても、啓蒙活動の講演会があれば
「こういう講演会があるみたいだよ」と間接的に指摘してあげるなどフォローする心構えを持ちたいと思います。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-18 20:16 | 聴覚障害

手話詐欺から身を守るには

手話詐欺対策で障害者守ろう
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200703170263.html

中国新聞社のWEBサイトに上記記事が掲載されていました。

それによると、最近急増している手話による詐欺問題で広島市ろうあ協会や
広島県社会福祉協議会がセミナーを開いて啓蒙活動を行うそうです。

聴覚障害者は仲間意識が強いため、手話で勧誘されるとすぐに信用してしまいがちです。
それを防ぐにはやはり、啓蒙活動を実施して詐欺にひっかからないよう注意を呼びかけるより他に
道はないのが現状です。

美味しい話には裏がある、とは昔からよく言われますが…詐欺対応はなかなか難しいなと改めて実感します。

Blogランキングに参加中です。いいと思ったらクリックをお願いします。
[PR]
by maro1010 | 2007-03-17 20:04 | 聴覚障害